So-net無料ブログ作成

どら平太 映画 あらすじ [映画]

スポンサーリンク




どら平太の映画面白いです。

原作は、山本周五郎の「町奉行日記」です。



あらすじ

町奉行が不明瞭な辞職を繰り返していたある藩に江戸から望月小平太という新任町奉行がやってくる。ところが、その男どら平太という渾名が着くほどの振る舞いが悪い。

着任する日を10日も過ぎても出仕しない。しかし、それはどら平太の作戦。どら平太の目的は実は、密輸、賭博、殺傷などが横行する「壕外」の浄化だった。

まぁ、なかなか気分爽快になります。
シリアルあり、お笑いあり、人情ありで退屈はしません。

山本周五郎といえば一昔前は誰もが読んでいた流行作家。
今でもちょいちょいいろりろな作品が繰り返し映画化されています。

山本周五郎関係の他の作品はこちら

監督は市川崑

キャスト (Wikipediaより)

役所広司 - 望月小平太(どら平太)
浅野ゆう子 - こせい
宇崎竜童 - 仙波義十郎
片岡鶴太郎 - 安川半蔵
菅原文太 - 大河岸の灘八
石倉三郎 - 巴の多十
石橋蓮司 - 継町の才兵衛
3代目江戸家猫八 - 杢兵衛
岸田今日子 - 姐御風の女
大滝秀治 - 今村掃部
神山繁 - 本田逸記
加藤武 - 内島舎人
三谷昇 - 落合主水正
津嘉山正種 - 佐藤帯刀
うじきつよし - 中井勝之助





スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
SEO対策済みテンプレート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。